FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

合格証書
ソムリエ協会から合格証書と憧れのバッチが贈られてきました!
20191202145905_00001_convert_20191203104845.jpg
大概の人にはわからないでしょうが、マニアにはご理解いただける苦労の証です。
IMG_7612_convert_20191203104824.jpg

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト



ボージョレ・ヌーヴォー2019
先週木曜日、ボジョレ・ヌーヴォーが解禁。まあ最近は、珍しがる人はいなくなりましたねえ。
でも私は毎年飲みます。色々と大人の【お付き合い】がありますからねえ。

ボージョレ・ヌーヴォー販売業者、過去のキャッチコピー(2002から)です。
2002年…「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年…「100年に1度の出来」
2004年…「香りが強く中々の出来栄え」
2005年…「ここ数年で最高」
2006年…「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年…「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年…「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年…「50年に一度の出来」
2010年…「1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来」
2011年…「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年…「史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか」
2013年…「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年…「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」
2015年…「我がワイン人生最良のヌーヴォー」
2016年…「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」
2017年…「フレッシュな香りと上品なタンニンがある、まろやかな味わい」
2018年…「理想的な条件の下、すばらしいヴィンテージへの期待高まる」

まあ販売会社の謳い文句ですから、良いこと言うしか無いのですが・・・。それにしても・・・と思いますよねえ、素人には絶対わかりません、その違いなんて。

さて今年の味はいかに? いただきましたらレポートいたします。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
合格通知
合格しました!
IMG_7358_convert_20191101134222.jpg
これからは試験対策用ではなく、好みのワインを存分飲みますよ。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
2019テイスティング試験【備忘録】
昨日、日本ソムリエ協会の(2試験)テイスティングを受験してきました。
この記事は、個人的な趣味に偏った備忘録的なものです。ワインに興味無い方はスルーしてください。

今年の正解は以下の通り。

20191010090332_00001_-_コピー_convert_20191010093655

1、外見はグリーンがかったレモンイエロー。SB(ソーヴィニヨンブラン)? 匂いの第一印象が甘いフルーツの香り、リースリングか? 一口含んで味わう。極めて酸が強くて、明らかに若い柑橘系の味。匂いで甘さも感じられたので、フランスのロワールではなく、ニューワールドの若いSBだと確信。
私の回答は、
2016 ×、NZ(多分マールボロ) ○、SB ○ でほぼ完璧

2、外見は極めて薄い、匂いも全く特徴なし。よくわからん。これは甲州の特徴で、教科書通りに回答。迷ったのはシュルリー感が全く感じられないので、コメント欄も無難に済ませる。
私の回答は、
2017 ○、日本 ○、甲州 ○ で完璧

3、外観はガーネットに近いが、やや赤みかかっている。これでSanbioveseあたりを疑うが、イタリア系、スペイン系はそもそも捨てていたので、フランスの安いピノノワールを想定。これは間違っていたが、そもそも捨てていた品種なので後悔なし。自分としてはこの辺りが合否の分かれ道となりそう。
私の回答は、
2015 ○、仏 ×、PN ×

4、外観は濃厚なダークチェリーレッド、熟成しているワインは間違いない。強い収斂性、骨太な肉肉しい感じ。強い樽熟成で多分フレンチオーク。ニューワールド(アメリカかオーストラリア)のSY(シラー)かCS(カベルネソーヴィニヨン)で最後まで悩み、何回もテイスティングを繰り返す。
決め手は10月に入ってから対策用に飲んだ、「ペンフォールズ」のCSにイメージが一致で、自分の経験に賭けることに。結果はどんぴしゃ!
私の回答は、
2014 ×、豪 ○、CS ○ ほぼ完璧

5、ハードリカー。外観は琥珀色。直前に「田崎信也サロン」で大枚はたいて対策しました。匂いを嗅いでみる、明らかに紹興酒の匂い。間違いようがない、超簡単! だっていつも飲んでるもん♪
私の回答は、
紹興酒 ○

雑感
今年は簡単だったかなあという印象、合格ラインも上がるのでは。まあ、発表を心待ちにしております。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
明日はお休み
明日、お仕事はお休みさせていただきます。
だって大切な試験があるのですもの。会場は「ホテルニューオータニ」、これだけで何か気おくれします。

今年こそです、捲土重来、頑張って参ります!

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ


プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 47歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR