FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
03 | 2011/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

震災後の不動産市場について
これまでは住宅ローンの低金利が続いていたため、新築で住宅を建てる良いタイミングだと言われていました。また消費税の引き上げ論議やお手盛りの住宅ローン減税等もこれに拍車をかけていました。私も買い時という意見には賛成で、事実、昨年住宅ローンを組んで、住宅を新築しました。
しかしこれからはどうでしょうか?
まず住宅の価格はどう推移するのでしょうか? まず建築資材が高騰する可能性は高いと思います。建材メーカーの製造工場は東北地方に多いようです。建材不足や生産ラインの安定化に時間がかかり、仮に建材や住宅設備機器の不足が解消されたとしても、この震災を機に建材の在庫は完全な売り手市場となり、建材や住宅設備機器の価格は高騰するでしょう。栃木県内でも某建材メーカーが、震災後在庫を出し渋ったという話を聞きました。建材の値上がりを期待したのでしょうか? 復興に建材は優先してまわされ、他の地域の需要に応えられるのでしょうか。私はこの筋の専門家ではないのでわかりません。そして結局はエンドユーザーの購入価格に、この高騰は転嫁されることになるでしょう。購入価格の上昇は、新築するための予算や住宅ローンの借入額に影響を与え、新築住宅取得のバーを上げます。住宅の新築が減れば、新規の土地取得も減ります。土地取得が減れば、土地価格は下落します・・・
マイホームを購入するつもりだったが、「賃貸のほうが良い」と考え直す人もいるでしょう。震災で住宅が壊れるというリスクと、住宅ローンが払えないかもしれないというリスクがあるからです。賃貸のなら、最悪建物が壊れても、住み替えができます。ただでさえも日本全国津々浦々、空き住宅はたくさんあります。「当面は賃貸にしておいて様子を見よう」という若い世代も多いと思います。
マンション需要はどうでしょうか? 今までは、私はマンションなら高層階が良いという考えでした。眺望が良かったり、優越感を感じたりといった理由です。しかし耐震性能は計算上では安心でも、地震の揺れに対する恐怖は拭えません。エレベーターが止まってしまったら、階段で駆け上がるのも老人には不可能です。窓が開かない上層階は、夏の計画停電時には灼熱地獄です。宇都宮でもマンションは高層化してきてますが、高層階ではなく低層階に人気が出るかもしれません。
東京証券取引所の株価の推移を見てみると、震災後、下落率の一位はダントツで電力ガス関連ですが、二位は不動産セクターです。液状化、外国人の東京回避、空室率の上昇、心理的な住宅買い控え等々悪い要因が多く、先行き不透明な業界ということでしょう。人々の不動産への志向も、根本から変化すると思います。
このような要因が不動産価格にどのような影響を与えていくのか、不動産鑑定士は動向を注視しなければなりません。



スポンサーサイト





プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 47歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR