fc2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現地調査をしない不動産価格の査定
現在とあるクライアントさんの依頼で、実査をしない不動産の査定をしています。実際に不動産を見ないで(現地の行かないで)、価格査定が出来るのかと思われると思われるでしょうが、結論から言うとできます、というかやります(但し条件付きです)。
今回の案件は京都の物件なのですが、金曜日の午後に調査依頼があって、納期は火曜日と言われたので、さすがに丁重にお断り申し上げました(金曜日から日曜日まで横浜にて泊まり出張だったので)。でもクライアントさんも引き下がりませんで、どうしても、交渉材料として何かエビデンスが欲しいということなので、それではとデスクトップ(机上評価)となったのです。
この手法は、正式な不動産鑑定評価書には絶対できない(やってはいけない)やりかたですが、クライアントさんが、簡単な相場を知りたいケースとか、そもそも物件の概要を知りたく、物件確定自体が目的といった場合によく使います。謄本を全部取得して、物件の範囲や必要最低限の公法上の規制等の情報を提供するサービスです。
机上調査でとりあえずあたりをつけて、本格的な不動産鑑定に移行の機会があれば、今後移行するといった具合です。
不動産は一物一価のもの、やはり現地に出向いて、実際に自分の目で見て査定するのが大原則です。今はグーグルとか便利なサイトがあって、WEB上でもある程度、物件の概要は見れたりします。それに役所調査もほとんどの情報がWEBで確認できるので、現地の役所に行かなくても、情報は入手ができます(実際、現地調査前にはWEBにて、可能な役所調査は事前に済ませて、あとで現地にて再確認するという手順を踏んでいます)。
しかし見たことも行ったことも無い土地の査定というのは、やはりイメージが付きづらいのでわかりずらいものです。地図だけではわからないような現地独特の雰囲気を織り込んで、不動産の価格を決定するからです。
でもクライアントさんのニーズも多様です。多様化する要望に応えていくのが、これも専門職業家の責務と考えています。
あけぼの不動産鑑定は多様な不動産サービスを提供しています。
→ あけぼの不動産鑑定のFacebookのページ
スポンサーサイト





プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 51歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR