FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

砂の器
言わずと知れた松本清張の長編推理小説です。抜歯で入院中にAmazon prime でデジタルリマスター版を視聴しました。
41HA3FTYXQL_convert_20190912094605.jpg

東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。
1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。

ウィキペディアより。

松本清張は常々、自作の映画化された作品で「間違いなく一番いいのは『砂の器』だ」と言い張り、原作を超えているかも知れないとまで語っていました。

今回視聴したのは1974年版、主演が丹波哲郎のやつです。テレビとかでも何回もみているけど、やっぱりこの元祖版が良いかなあ。
かの有名な最後の親子の旅のシーン、延々40分ほど、セリフ無しの無音声が続きます。この無セリフ部分がホントじわじわきます、たまりません。
何回も見ているのでネタがわかっていますが、ミステリーとして面白く、過酷な差別を背景とするヒューマンドラマとしても秀逸です。

日本人にとって永遠の名作だと思っています。
お薦め度は文句なし★★★★★(星5つ)です。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト





プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 47歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR