fc2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
07 | 2022/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

同志少女よ、敵を撃て
2022年本屋大賞受賞、今一番話題の本と言ってもよいのではないでしょうか。
486_convert_20220804144506.jpg

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵"とは?
Amazonより

連日、圧倒的なリアリティーで報道されている昨今の「ウクライナ侵攻」、これに対して「小説」は何ができるのでしょうか。
著者が本屋大賞受賞直前に、ロシアはウクライナ侵攻したわけですが、授賞式の模様を見ていても、著者に笑顔はありませんでした。タイミングとしては皮肉なもんです。
フィクションが限りなくノンフィクションのようになってしまった昨今、著者はさぞかし複雑な心境でしょう。

小説では、ドイツの侵攻を受けて、国家存亡の危機に直面した当時のソ連の内情や体制。そういった中で祖国を守る為に狙撃兵として戦いに身を投じる女性たち。平時において理性的な人も、戦時においては理性が吹き飛ぶ人間ざまをリアルに描いています。
目を背けたるような題材で、読んでいて苦しいですが、狙撃兵の女子達を日本の人々は、自分事ととして受け止められるでしょうか?

今だからこそ読まねばならない本です。

お薦め度は文句なし★★★★★(星5つ)です。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト





プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 51歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR