FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去時点の不動産鑑定評価
不動産の鑑定評価を行うに当たっては、不動産の価格の判定の基準日を確定する必要があり、この日を「価格時点」といいます。
価格時点は、鑑定評価を行った年月日を基準として現在の場合(現在時点)、過去の場合(過去時点)、及び将来の場合(将来時点)に分けられます。
このうち過去時点の鑑定評価は、対象不動産の確認が可能であり、かつ、鑑定評価に必要な要因資料および事例資料の収集が可能な場合に限り行うことができるとされています。また、時の経過により、対象不動産およびその近隣地域等が、価格時点から鑑定評価を行う時点までの間に変化している場合もあります。このような場合の価格時点における対象不動産の確認等については、価格時点に近い時点の確認資料をできる限り収集し、それにもとづいて判断するとされています。
過去時点の鑑定評価というのはこのようにイレギュラーなケースなのですが、事務上は頻繁に起こりえます。

今回の案件は相続税がらみの案件なのですが、相続税の申告に際し、不動産の価値の「時価」を知りたいという要請です。
この「時価」というのは現在では無くて、相続が発生した時点(相続開始時点)つまり通常は亡くなった日のことです。

相続開始から10ケ月以内に申告を完了しなければならないのですが、納付期限まであと2週間というタイミングでご依頼が来たものです。やっぱり税理士さんがはじいた申告額では高いのではと感じたそうです。
鑑定評価は10ケ月前に遡って考える作業なので、その時の経済情勢や地価動向を鑑みて作成しなければいけないので、結構骨の折れる作業なのです。極めて実務的な話ですが、取引事例の選択や、公示価格等との規準も整合性を保たなければなりません。

それにしても、痺れるスケジュールです、期限まで2週間・・・。勿論安請け合いはできませんが、ここは「迅速対応」がモットーのあけぼの不動産鑑定、結果はきちんと納期厳守、税額も大幅に減額して申告もできました!。

過去時点の不動産鑑定評価はあけぼの不動産鑑定へどうぞ。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/1011-629c0757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR