FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
03 | 2021/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

配偶者居住権と不動産鑑定の関係
今国会で改正民法、改正の目玉の一つとして、新たな権利「配偶者居住権」が新設されることになりました。

被相続人(亡くなった夫、若しくは妻)が所有権を持っていた住宅に住んでいる残された配偶者は、そこに住み続けるために、その住宅の所有権を得る必要があります。その所有権を得ることで他の財産(預貯金等)の相続分が逆に少なくなるため、その後の生活資金が不足してしまう結果、自宅を手放さざるを得ないというケースが増えています。
配偶者居住権は済む権利は維持できますが、売ったり買ったりはできません。だがしかし、住宅そのものの所有権を相続するよりは低額で済むため、結果的に配偶者は恩恵を保護できます。

問題はこの配偶者居住権の価格査定方法です。評価が必要なケースとしては、遺産分割や遺贈、相続税など相続時の計算のほか、不動産の担保評価などのケースが考えられます。
法制審議会民法(相続関係)部会では、賃料相当額をベースにした方法や、より簡易に固定資産税評価額を基にした評価方法などが示されていますが、不動産鑑定士協会連合会は、全く異なった評価指針を提案しています。
 → 日本不動産鑑定士協会連合会のHP
一般の方にとってはかなり難解で、不動産鑑定士等の専門家でなければ到底理解できない理論構成です。

施行時期が迫れば、この制度に関する査定の問い合せもかなり増えると予想されます。また、従来までの相続税対策の不動産鑑定に加えて、配偶者居住権の査定方法についても、我々の業界から、新たな提案がなされていくでしょう。

今後、この制度の動向に注視して、対応していきたいと思います。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/1624-93f5e2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR