FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

マイナス入札は今後増加?!
昨年12月、埼玉県深谷市が全国で初めて「マイナス入札」を成立させて話題となりました。

東京新聞の記事のリンク

老朽化した公共施設を入札にかけて、「マイナス795万円」で落札されたものです。これはつまり、市が落札者に795万円を支払い、さらに土地と建物を無償で譲渡することです。
目からうろこというか、とうとうここまで来たかと、このニュースを聞いて思いました。

不動産鑑定評価においても、「取壊し最有効」という概念があります。
建物がぼろいので、建物を取り壊して更地化するのが一番良い有効利用の方法だと判断した場合、その時の鑑定評価額は、土地価格-解体費用 となります。
しかし田舎にあって土地の価格水準が低い地域だったり、建物が無駄に大きくて頑丈だったりすると、土地価格<解体費用 となり単純な引き算では、数値はマイナスです。
でも不動産鑑定評価においては、マイナスの価格表示というのは(多分)ありません。私も鑑定評価額0(ゼロ)円というのは、何度も書いたことがありますが、せいぜいそこまでです。ゼロというのは限りなくマイナスも含んだ意味合い、としていました。
でも概念上は、土地価格<解体費用となれば、「ただでもいらない」ということになり、ゼロというのは本当は適切ではありません。実際こういうケースは多々見られます。

そんな昨今、落札者がお金を逆にいただけるという、マイナス入札は経済合理性に適った制度だと思います。よく考えましたよ。
今後マイナス入札は増えるでしょか?
総務省の調査によると、全国の市区町村が保有する公共施設は1970年代に最も増加しており、これら築40年前後の施設が、今後一気に改修・更新時期を迎えると予想されています。再利用の目処が立たない公共施設は、さらに増えていく可能性があります。

「ただでもいらない」物件について、マイナス入札は有効な手立てだと思うし、今後増えていくのではないでしょか?

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/1816-e7f06a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR