fc2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ああ伝家の宝刀
やっぱりこの話題には、触れない訳にはいきません。

最判令和4年4月19日
納税者が相続財産の価額を財産評価基本通達の定める方法によって評価した額(通達評価額3億3370万円)により相続税の申告をしたところ、国税当局がこれを否認し鑑定による評価額(鑑定評価額12億7300万円)をもって評価すべきとして更正処分をしたため、納税者がこの更正処分の取り消しを求めた。不動産購入価格は13億8700万円で、不動産購入のための借入額は10億5500万円でした。

国税当局は納税者申告の否認のため、「伝家の宝刀」を抜きました。
ここで言う伝家の宝刀とは、財産評価基本通達総則6項、「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する」を適用して課税処分を行うことです。

相続税の申告の際、宅地については路線価を使って評価します。建物については固定資産税評価額が基礎となります。これ一般的で大原則。
しかし今回の判例は、相場の取引価格(時価)と路線価評価額に大きな乖離があるので、路線価評価を認めないというもの。

これ現場は混乱しますわ。やりすぎの節税行為は看過できないということでしょうが、どのくらいがやりすぎなのか? 基準が明確には提示されていません。

この判決の後、複数のクライアントさんから問い合わせを頂きました。節税対策に対する疑問です。国税に節税対策を否定されるのでは?という不安あり。
国税が今後どのような動きをするか全くわかりません。しばらくは慎重に様子見せざるを得ない、と思っています。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/2350-91152c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 51歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR