FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

道路の調査
不動産鑑定において対象不動産が接面する道路の調査は基本中の基本でして、かつ非常に奥深いものです。
今回の物件は対象地(宅地見込地)と道路の間に廃水路が介在しており、接道要件を満たすことができるかどうかというのが調査のポイントです。
公図上は青地と呼ばれる水路が介在していますので、このままでは道路に接道することにはならず、水路の占有や跨橋設置といった建築基準法上43条但し書きの許可が必要です。とある栃木県内の市にて、対象地について開発許可が下りるかどうかのヒアリングをしてきました。

都市計画課にて、
私:「この土地は開発許可取れますかねえ?」
担当:「難しいそうですが、開発審査会マターなのではっきりとしたことはわかりません。道路要件については建築指導課で聞いてください」
建築指導課にて、
私:「水路が介在しているのですが、建築基準法43条の許可得られそうですかねえ?」
担当:「接道の要件は最終的に当方で判断しますが、水路は実際には土木課が管理しているので、そちらに聞いてください」
土木課にて、
私:「この水路は跨り利用できますかねえ?」。
担当:「対象地は農地なので、そこは土地改良区にも聞いてみてください」。
土地改良区にて、
私:「この水路に跨橋設置して宅地化しても良いですかねえ?」。
担当:「詳しくは土地改良区の理事会の結果を待つことになるので、この場ではなんとも・・・」。

まあよくあることですが、たらい回しというか、どこも的を得ないというか、あっちこっち行って軽く半日。埒があかないので後で回答してくれることになっていますが、1週間たった本日、未だ回答なく結論も出ない状態、評価方針も宙ぶらりんの状態から抜け出せられ出ません・・・。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 管理業務主任者のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/680-f3f444e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR