FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

超高額不動産の鑑定評価報酬
これから東京の物件の不動産鑑定に着手します。某ターミナル駅至近のテナントビル、公示価格ベースで㎡あたり1千万円を超えると思われ、土地だけで10億円超、更に建物の価値無限大・・・
超高額物件評価の場合、不動産鑑定士ってどのくらい報酬を請求するでしょうか?

そもそも不動産鑑定の手間や仕事量は同じ種類の物件ならあまり変わらず、土地値が高い都心なら評価額は高く、田舎なら低くなります。
でも評価報酬は評価額に応じて設定する場合も未だ多いようです。今回の場合、役所等が利用している「料金表」に準じると、報酬は軽く軽自動車一台分を超えてしまいます。でも今はこの「料金表」を使わないで、独自のフィー設定をしている業者さんがほとんどだと思います。

手間は変わらないのに、評価額でフィーが変わるのはおかしいじゃないかと言われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
不動産鑑定士が評価額を決定してハンコを押すということは、裁判所や税務当局をねじ伏せるある意味絶大な権力です。それだけ責任も大きいということです。何かもめごとになった時、損害賠償請求が自分にふりかかるというリスクに常に対峙しているのです。評価額が高ければ賠償額も大きいです。はっきりいってこのリスクが不動産鑑定士は一番怖いのです。評価ひとつ誤れば路頭に迷いかねません。
そういったリスクを負ってでも、自信を持ってハンコを押してるのだという「責任料」だと自分は考えています。

最後に、今回の案件ではそんな軽自動車なんていう高額な報酬を請求するつもりはありませんからご安心を。私は小市民不動産鑑定士、フィーも小市民プライスなのです。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 管理業務主任者のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/701-dcb6f32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR