fc2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

私はまだ3歳、中上健次氏の古くて有名な芥川受賞作品(昭和50年度下半期)です。
岬 (文春文庫 な 4-1)岬 (文春文庫 な 4-1)
(1978/12)
中上 健次

商品詳細を見る

本人は被差別部落の出身であり、部落のことを「路地」と表現する方でした。ちなみに戦後生まれで、初の芥川賞作家です。
彼の代表作「岬」は、故郷である紀州を舞台に、のがれがたい血縁の宿命の中に閉じこめめれた、ひとりの青年の渇望と愛憎を、リアルに表現してます。
面白いか面白くないかと聞かれると、非常に答えづらいのですが、「読むべき」本と言いたい!
文体の特徴として飾りのない地味な文体、ストレートな表現、3人称なのに、まるで1人称かのように主人公の苛立ちが読み手に伝わってきます。

現代においてよく家族の「絆」とい言葉を口にしますが、現代の「絆」と、この小説が書かれた頃の「絆」の使い方は明らかに違うと感じます。現代の「絆」というものは、ものごとを前向きに捉えられる、極めて道徳的な「よい」繋がりだと思いますが、中上氏のいう「絆」は嫌でも離れられない重々しい呪縛のような、観念的なものを感じざるを得ません。
こんなことを考えながら読んでいくと、部落社会で育った本人の重々しい呪縛を感じざるを得ません。今では理解しがたい、時代背景です。

中上氏は間違いなく天才だと思います。が、多分女性はあまり好まないスタイルだろうなあ。女性読者の感想が聞きたいです、お昼御馳走するので読書談義しましょう。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/855-3a92cc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 51歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR