FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

LRTと不動産鑑定
業界紙「月刊不動産鑑定 9月号」に「LRTと不動産鑑定」という記事が掲載されていました。ニッチな業界誌なので、他の方が見る機会はないと思われます。丁度宇都宮市でもLRTが大きな話題となっており、ここにおける地価形成の影響や、不動産鑑定士の役割は、一言口を挟みたいと思っていたところだったのです。

そもそもLRTとは何ぞや?ということですが、国土交通省では「次世代型路面電車システム」と称しています。「路面電車」「チンチン電車」の進化版とでも言いましょうか。
宇都宮市では、平成13年度から平成14年度に栃木県と宇都宮市が共同で、新交通システム導入基本計画策定調査委員会を設置し、「新交通システム導入基本計画」を策定しました。委員会の中では、様々な新交通システム(モノレールやガイドウエイバスなど)の検討がなされました。その結果、まちづくり面での効果や、高齢者等の利便性向上、需要規模などを考慮して、宇都宮地域において最もふさわしいシステムは「LRT」との報告がなされています。

街中に住む私としては、中心市街地の活性化は一番の関心事項です。大型ショッピングセンターが郊外に進出するなど、都市機能は外へ外へと拡散しており、宇都宮市でも中心市街地の空洞化が進行しています。中心市街地の活力をとりもどすために、郊外から中心部にどうやって人を呼び込むか? 交通網の整備は必要でしょうが、乗用車に依存せざるを得ない状況です。道路の渋滞も益々激しくなっています。道路の整備や拡幅などによる対応は、今後も厳しい状況は続くでしょう。

時期尚早の感はありますが、不動産鑑定士としてLRTが地価に与える影響は考察しているところです。
一般論から言うと、路線予定地周辺や停車場の予定地付近は地価の上昇を招くことが多いです。しかしこういった将来予測は難しく、本当に事業が予定通りに進むのか? 利害関係の調整はうまくいくのか? 建設は順調に進むのか? 実現の可能性を慎重に判断しなければなりません。軌道新設は容易でなく、富山市はわずか約0.9kmの軌道新設でも相当の期間を要したそうです。

いずれにせよ、まだ計画段階で先が全く見えない状況ですが、投機的な思惑はこういった話にはつきもの、監視しなければなりません。今後の状況を継続して見守っていきたいと思います。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akebonokantei.blog119.fc2.com/tb.php/904-4b70a32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 48歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-34
明保野ロイヤルパレス202
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR