FC2ブログ
宇都宮市明保野町の不動産鑑定士
営業範囲は日本全国、どこでもまいります。不動産鑑定士として活動しています。内容は日々を綴ったゆるーいブログです。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

山林の取引事例作成
地価公示の評価員になりますと、もれなく取引事例の作成という業務がくっ付いてきます。取引事例の作成そして成約内容の把握は、不動産鑑定の根源でして、非常に大切な業務のひとつです。
栃木県の場合、担当評価員に「件数」がほぼ平等になるように割り当てが配分されるのですが、これは概ね「件数的」に平等ということです。

不動産鑑定士の皆さんならご理解いただけると思うでしょうが、事例の作成は、田舎より都会の方が格段に簡単です。
田舎だと都市部のような当たり前の調査ができません。
・まず法務局で公図をとっても、公図自体がいい加減なので、対象不動産が何処かまずわからない。
・それで担当市町の税務課に(片道1時間半かけて)出向き、時には自腹で、地番図を取得。
・ネットに都市計画図、道路、上下水道等アップされているものは皆無。なので、担当部局をひたすら回遊。
・現地調査にこぎつけても、対象不動産がどこだかわからず、道に迷いまた回遊。

割り当て(ノルマ)が農地とか山林ばかりだと、一層大変だし、公的評価には使えない事例なので、モチベーションも全くあがりません・・・。

この時期は後回しにした、めんどくさい山林や農地の事例調査(こういう言い方いけませんよね、スイマセン)がひたすら溜まります。
あ~~ ため息が出ますが、これから山林の事例調査に出かけます。都会を担当したいです。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
週末の日記(11/3~11/4)
土曜日
朝5時半起床、昨晩のビーフシチュー、食パン、サラダ、コーヒーの朝食。
7時、近頃早朝は冷えますねえ。自転車で娘の高校へ。片道40分くらいのサイクリング。
今日は高校のPTAグランドゴルフ大会に、支部代表として参加。お母さん中心のチームで、べちゃくちゃしゃべりながら、楽しくプレイ。12時半終了。
帰路も自転車、途中のセブンイレブンで休息しながらの、昼食はおにぎり二つだけ。
その後事務所で、明日の山林の調査の準備、入札参加資格の書類作成等。16時帰宅。
夕飯はお肉中心。自家菜園で収穫した、サニーレタスで巻いていただくと美味。ビール、コノスルオーガニック・CSとともに。
日本シリーズを見て、23時就寝。

日曜日
朝7時起床 食パン、サラダ、コーヒーの朝食。
8時出発、朝イチで県東のとある山林へ。「秋の大型案件」の対象物件のひとつ。未舗装の山道をひたすら片道20分、やっとの思いで現地確認完了。どうにもならん山だ・・・。9時過ぎには下山。
その足で、高根沢の中学校で練習試合の息子にお弁当を届ける。ちょっと観戦して、11時頃に帰宅。
昼は市内ウォーキングに出る。市内各所でイベントが開催されているので、あちらこちら回遊。
お昼ご飯は東武宇都宮駅前の「雷龍」。白豚骨ラーメン、替玉1回。
自宅付近で開催されている「宇都宮餃子祭り」をブラリ。それにしてもすごい人だ、当然こんな混雑では食べません。
IMG_4980_convert_20181105093726.jpg
会場に展示されていた、パトカーに乗せてもらったりして遊ぶ。
IMG_4978_convert_20181105093716.jpg
午後は自宅でのんびり過ごすことに。乗用車の洗車、掃除機のフィルター掃除、部屋の高いところの掃除、「Suit」シーズン3をAmazonプライムで鑑賞したり。
早く入浴して、夕飯は敷地内に棲んでいる義父と一緒に。唐揚げ、お刺身とかをいただく。ビール、いただきものというブランデーと共に。久々のブランデ-が効いた・・・、「西郷どん」をそぞろに見て、21時就寝。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
「流」
直木賞作家、東山彰良氏の作品です。
9784062194853_w_convert_20181102150804.jpg
主人公は祖父が本土から台湾に移って来た外省人。この祖父は、日中戦争時、日本軍に仕えたという一家を皆殺しにしたという前科を持っています。この、祖父が戦後何年もたって台湾で惨殺されることで主人公の復讐劇と、祖父や自分の一家のルーツ探しが始まるのです。

直木賞を選評した北方謙三さんは「20年に一度の傑作だ」と高評価。
あの辛口の伊集院静さんが、「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ」と評価。

最初は登場人物が台湾名のため、人物相関を理解するのに苦しみまして、文庫本に附属されている人物表を、栞にしながら読み進めます。最初はとっつきにくい印象ですが、すぐにその時代にオーバートラップ、夢中で読み耽りました。
舞台は台湾を中心として、中国、日本と股を掛け、スケールがとにかくでかいです。日中戦争や国共内戦の血なまぐさい史実、台湾ヤクザとのトラブル、切ない初恋、様々な事象が重畳的に語られ、いずれもなんか混沌としていて、リアルなのは、著者が幼い頃、台湾で生まれ育った経験なのでしょう。

題名の「流」。その意味するところは明確には語られていません。
私なりに解釈するに、「時代の流れ」ではないかと思います。混沌とした時代に生まれ育ち、青春時代を経て、大人へと成長する過程。戦時中、時流に抗えない自分と、自分の流儀を貫こうとする主人公。時代の激流に逆らって遡上しようとする思想は、重要なテーマだと感じました。
大人が読んでも絶対面白いですが、大学生あたりに読んで欲しい1冊です。

お薦め度は、文句なし★★★★★(星5つ)です。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
松本へ(3日目)
月曜日
朝6時起床、展望露天風呂にまず入浴。バイキングの朝食をいただく。昨晩早めに就寝したので、お腹いっぱい食せた。
9時チェックアウト、今日は鑑定士協会本隊の大型バスに乗車。
まず2日連続の松本城(何回見ても良い!)。
IMG_4898_convert_20181101091112.jpg
そして一路、安曇野方面へ。碌山美術館。
IMG_4905_convert_20181101091131.jpg
お昼は有名店「肉のマルト」で焼肉、馬刺しとビール。
IMG_4913_convert_20181101091152.jpg
3日間酒も飲みっぱなし、そろそろいい加減ビールも飽きてきた。
「大王わさび農場」を散策。お土産にわさび味噌を購入。
IMG_4920_convert_20181101091207.jpg
全行程を無事終了、バスは18時頃、順調にJR宇都宮駅着。タクシーで帰路に着く。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ
松本へ(2日目)
日曜日
朝6時起床、シャワーを浴びてから、ビジネスホテルのバイキングの朝食。
とりあえずレンタサイクルで市内中心部を周遊することに。8時半、朝の信州はさすがに寒い、ジャンバーを羽織っていざ出発。雲一つない快晴で気持ち良い。
松本城  
IMG_4873_convert_20181031092653.jpg
中町通り
IMG_4878_convert_20181031092706.jpg
旧制高等学校記念館(旧松本高等学校)
IMG_4880_convert_20181031092733.jpg
松本市立美術館の草間彌生先生の外観オブジェを鑑賞
IMG_4889_convert_20181031092744.jpg
等をきままに周遊。
無料レンタル自転車をホテルに返却。

10時半、長野県の不動産鑑定士同期、O氏に乗用車にてピックアップしてもらって、ホテル翔鳳へ。
IMG_4892_convert_20181031092801.jpg
お昼は近くの寿司屋で刺身定食。

午後からはホテル翔鳳にて、不動産鑑定士協会の近県合同会議。16時半終了。

その後は大懇親会、2次会とお約束の流れでへべれけ。集団心理、良くない飲み方を強いられる予感・・・、エンドレスムードを敢えて回避して、22時頃早めに就寝してしまう。

事務所のホームページ → 栃木県宇都宮市の不動産鑑定 マンション管理士 土地区画整理士のことならあけぼの不動産へ


プロフィール

あけぼの不動産鑑定                                        吉澤光彦

Author:あけぼの不動産鑑定  吉澤光彦
平成22年9月1日開業 45歳(既婚)
〒320-0845
栃木県宇都宮市明保野町6-35
TEL 028-678-4693
FAX 028-678-4694

メールフォーム

事務所への直接のお問い合わせは、下記のフォームより、お願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR